FC2ブログ

燃焼室掃除、とその他。

こんなものを買ってみた。

1602211.jpg
NUTECのカーボンリムーバー、NC-900RCR。
エンジンを分解することなく、プラグ孔からぶっこめば燃焼室のカーボンが根こそぎきれいになるらしい。
普通ならヘッド外してシコシコと掃除しなければならんので、それなりの時間とガスケット代がかかる。
普通の缶スプレーサイズの商品としては異例の6000円超という高級品だけど、分解することなくシュッと一吹きでカーボンが綺麗になった日にゃ、コスパは半端ない。
ちなみにこれ、お店専用品で一般販売してないらしいです、がなぜか楽天で簡単入手。



と、いうことで、ヒート時のノッキング解消案としてやってみることに。



んで、10分程度走ってエンジン暖めたあと、このカーボンリムーバーをぶっこむ!
1602213.jpg
なんか、ぶっこむ!って言葉が非常に似合っている作業。プラグ孔にホースさして、シューっと溶剤をぶっこむ。泡が噴き出すのを注意しながら、何回かに分けてたっぷりぶっこむ。
尚、取説によればぶっこむ前に、ピストン位置を各シリンダー合わせるらしいが、今回はバルブ傘裏まで狙うつもりで片方を排気上死点合わせで実施。なので2気筒やるのに同じ工程を2回繰り返しました。



1602212.jpg
注入直後のピストンヘッド。カーボンが溜まっとりますな♪。

んで、たっぷり注入後30分待って、注射器で注入した液剤を吸い出す。

1602214.jpg
カーボン汁。細かい固形カーボンが出てきてますな。ちゃんと掃除できている模様。



直後のピストンヘッド。
1602215.jpg
だいぶ落ちてます。
残ったカーボンもこの後エンジンを回すと吹っ飛んでいくらしい。



で、前後シリンダーとも実施して試走。
いつもの山道をテッテケ走ってみましたが、なんかエンジンがスムーズになった、と思う。また低中回転域のトルク感も良くなった、と思う。

なんてあいまいな書き方ですが、実際今までより早いタイミングで5速にギアチェンジしていたので、状態は良くなってると思います。5速60km/hで走ってる時に感じるフライホイールに乗って走ってる感もよりよく感じることができる。あとはヒート時のノッキングが収まってるか、これはもうちょっと気温が上がらないとわからないのでこれから様子見です。

もちろんエンジンを分解してきれいにするのが一番いいのは間違いないですが、お手軽に掃除できるのでこういうのも十分ありですね☆

あ、くれぐれも溶剤の吸出しはしっかりと。でないとウォーターハンマーでコンロッドがコンニチハ♪なんてことにもなりかねなさそう。このあたりが店頭施工専用品たる所以かもですね。
スポンサーサイト

comment

Secret

定期

こんにちは

定期的にプラグのメンテにも
使えそうですね。

No title

確かにいけそうですね。

キャブのオーバーホールとかにも使えそうな気がします。
プロフィール

乙

Author:乙
ヘビ年。
生肉好き。

いらっさいませ
カテゴリ
記事
コメ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
旅の寝床
つかみっぱなしになったら     右クリックで解消☆

より大きな地図で キャンプ場 を表示
要チェック
検索フォーム