FC2ブログ

バッテリーケーブル交換。

リジスポの典型的なトラブルの一つに、バッテリーのプラスケーブルが断線するという症状があるようで、以前負圧ホースをディーラーに買いに行ったときに、スタッフに「バッテリーのケーブル、切れますよ~」と堂々と言われていました。

ディーラーのスタッフがオノレのバイクの品質問題をそんなに軽く言うなよと思いつつ、いつか切れるかなーとちょっとだけドキドキしながら乗ってましたが、切れる前に素直に交換してみました。



1504291.jpg
バッテリーをサクッと取り外す。
簡単なようで微妙にツールパスが狭いのでやや慣れが必要。


1504292.jpg
例のプラスケーブル。セルモーターにナットで取り付けられている、その端子の根元で切れるようです。

ここがツールパスが狭く、スパナをひっくり返しながらちょこちょこやらねばなりません。
首振りの板ラチェがあればかなり速く作業ができそう。

ちなみにここは12mmのよう。基本インチねじだけどこのように一部にミリねじが使われているので迷惑。。


1504293.jpg
ちまちま作業して取り外したケーブル(下)と、対策ケーブル。
広島の45degree製。2本で3000円と高いような、でも熱収縮チューブとか蛇腹チューブとかきちんと装着されていたりと確かな仕事の部品。
ハーレーはこのようなサードパーティの対策部品が豊富なので助かります☆
ちなみに、赤と青は血管をイメージしているらしい(-_-)


1504294.jpg
で、ちまちまとスパナを回してまずはプラスケーブルを装着。
赤いケーブルが密かに存在感を主張している?


続いてマイナスケーブル。
こちらは断線とかのトラブルは無いようだけど、セット品なので交換。

1504295.jpg
車体側はエンジンマウントと共締め。しかもこちらもツールパスが狭い。
そしてこちらはインチねじ。9/16のディープでぎりぎりラチェットを振れる。
一発ゆるんだらソケットにユニバーサルとエクステかましてやればまぁまぁ速くできました。


1504296.jpg
にょきにょきと(水族館にこんな魚いたな)顔を出す新ケーブル。
軟らかいケーブルなのでバッテリーターミナルもちょっと取り付けやすくなった☆


今日は乗る時間がなかったのでケーブル交換による性能変化は試せなかったけど、まぁ変わらんかね。





で、外した純正ケーブルを剥いてみた。


1504297.jpg
うがっ、80%以上断線しとる。。。噂通りだ。
いいタイミングで交換できたな。。。。。
スポンサーサイト

comment

Secret

レイアウト

この年式とはバッテリーレイアウトが違うのですね
私も点検しましたが問題なさそうでしたのでとりあえずアースを追加しました、しかしマイナス端子をはずす毎に苦労してます。

それとPCリンクを接続しましたがチョーク無しでもスタート出来るようになり満足ですが、乙さんは883に乗り換えてからMAPいじりはやってないのですか?

No title

リジットとラバーマウントの間でこの辺りのレイアウトは大きく変わってますね。
ラバーマウント車はエンジン側でマイナスケーブル外すと楽でしたよ。アストロプロダクツとかで売っているディープソケットとラチェットを使えば簡単です。

点火システムも大きく変わっているので以前のようなMAPいじりも出来なくなりました。
おかげで悩まずに済むので楽になりました(^^;
プロフィール

乙

Author:乙
ヘビ年。
生肉好き。

いらっさいませ
カテゴリ
記事
コメ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
旅の寝床
つかみっぱなしになったら     右クリックで解消☆

より大きな地図で キャンプ場 を表示
要チェック
検索フォーム