FC2ブログ

ログデータその1.

先週、ツインテックのPCリンクキットでロギングの事を書きましたが、
役立たずの4秒サンプリングから、今週はちゃんと設定変更してデータ取ってみました。
設定はPCリンクキットについてきた「TC88A DATA Logging」というソフトウェアで
TC88Aのパラメータ変更メニューで出来ます。



ほんでもってとりあえず最も早い周期の0.1秒でサンプリングしたデータがコチラ。
発進加速グラフ
あ、保存したデータファイルをエクセルで開いてます。
信号停止から0発進、2500rpmあたりでシフトアップ、
アクセル開度は1/2くらい、これが今んとこ一番気持ちが良い発進加速の操作です。

尚、各グラフは
RPM:エンジン回転
VSS:速度(マイル)
MAP:吸気圧(最大30IHg インチ水銀・・・分かりにくorz 30IHgで大体103KPaつまり大気圧)
Spark Adv:点火時期
です。

んで、このグラフからナニが読めるかというと、
速度はぼちぼち一定の角度で上昇しているんだけど
意外に吸気圧が細かく振れてて、
その影響で点火時期も意外にばらついていて、
つまりこのばらつきをもう少し抑えられるようなマップ作りをすると
フィーリングが良くなるのかなと思ったり、
でもばらついているのは吸気行程とそれ以外の時で
吸気管圧が振れるのは当然で、
その時にたまたまサンプリングしてるからグラフ上は振れているだけで
つまり実際点火をするときにはほぼ同じ吸気圧で
ほぼ同じ点火時期を拾ってるのかなと思ったり、
つーことはVバンク45度のツインエンジンだから
前シリンダが点火している時と後シリンダが点火している時の
吸気管圧は微妙にずれるわけで
そうしたら前と後の点火時期を同じマップでは賄えなくって
リヤシリンダオフセットを掛ける必要があって
というか前後別々の点火マップを持つのがベストで
実際ノーマルの点火ユニットは前後別マップを持っているようだし
でもツインテックではそこまで細かく出来ないから
とりあえずリヤシリンダオフセットで辻褄を合わせるとかやって


とかとかいろいろ妄想できるんですが、
で、答えは?といわれると、今んとこ何も出てませんテヘペロ


まぁ、ただ眺めるんではなくて、気になるところがあるときに
そのデータを見てフィーリングだけでなく数字でも解決していくという
使い方が正しいので、けして酒の肴がこのデータの主目的ではないんですよね。。。


一つ分かったことは、ツインテックのマップはアクセル全閉のときの吸気圧が16IHg、
全開が30IHgとなっていますが、実際は16IHg以下の吸気圧で走ってることも多く
定常走行なんかでは13~14IHgだったりします。
なので、全閉から定常、ちょい加速ぐらいまでは同じ点火時期を使ってるので
この辺りをもっと細かく設定できるモジュールがあれば
普段使いの領域でもっと気持ちよく出来る可能性が高いんですよね。

んで実は、TC88Aを買った後マップの事を色々調べてて分かったんですが
TC88Aには2種類あって、日本で売られているのは「RACE」という仕様で
吸気圧が16IHgから2IHg刻みで30IHgまでですが
「EX」というもう一つの仕様があって、マップの刻みが10IHgから始まり
30IHgまで2IHg刻みと、開度少ないところが非常に充実しています。
コレを見つけた瞬間、あ、自分の目的からするとコッチの方がいいじゃん、、って、ね。
酔った勢いでポチッちゃいましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ



Webで見る限り、キャブ車も下火になってきた頃に追加された仕様のためか
EXに関する情報はほとんど無いですが、ちょっち人柱的にやってみたいと思います♪

結局イバラの道を歩む性格か。。。

つい一ヶ月前まではいい感じ~、なんて思ってたツインテックの点火マップですが、
あれからアレコレと乗り込むうちに、ここでこうとか、ここはああとか、
いろいろ気になるところが出てきまして。
でも細かいところばかりなので、書換え屋さんに伝えるのも難しいだろうと。





で、





PCリンク
買ってしまったツインテックPCリンクセット。
点火マップ書換えツール。





ビューエルの時にFI噴射、点火その他ECM書換えに散々はまりまくり、
もうするまいと書換え屋を使ってたんですが、
結局まぁこれでいいじゃんねーで納得できない性格。。。

今回も終わりの無い迷宮のトビラを開けてしまいました( ̄∇ ̄*)ゞ



とはいえ、今回はビューエルの時と違い、点火のみのチューニングなので
あの時よりは楽かなーという感じです。




んで、この書換えツールと車両の接続やソフトの使い方は、
偉大なる先人方がWeb上にいらっしゃいますので詳しく書きませんが
ポイントとしては、

・PCの言語設定を英語環境にする
・保存フォルダ(上位階層も)に日本語を使わない
・保存ファイルにも日本語を使わない
・comポートはとにかく1から10以上、全て試す(私のPCは8でした)

あたりを押さえれば問題なく接続できます。




んで




ツインテック 点火マップ
ハイ来た3Dマップ。
数年前と変わらず、やっぱりこれだけで酒飲めます。
これやってるとね、こういうの仕事にした方が良かったんじゃないかと思います。


上記のマップはとあるサイトから拾ってきた、
ノーマルモジュールの点火マップと思われる、でも一切保証の無いマップを、
ツインテックのY軸設定にあうようちょいとチューンした後
書換え屋さんでやってもらってたマップを一部入れ込んだ、
テーマは以前と変わらずノーマルのフィールはそのままに低回転のもたもた解消!
でございます。梅雨空の中、ちょっと乗ってみましたがなかなかいい感じです♪
頭の中にある理想のフィーリングにまた一つ近づいた気がします。



それとこんなこともできます。
ツインテック ログ
速度、エンジン回転、吸気圧(キャブ車ですが吸気圧センサーが付いてます。TPSの代わりに)などのログデータを取ることができます。
なので、感覚的にこんくらいの開度のときこんな感じだったから大体この辺りをこうして・・・みたいなざっくりしたセッティングではなく、ちゃんと的を絞ったセッティングをすることが出来ます。
これでまた酒が飲めるな。。。
ちなみにこのデータは設定を間違えてサンプリング周期が4秒でとってましたので全く使い物になりません。。。





さてさて、いつになったら思い描くフィーリングを作りこめるか全くわかりませんが、
コツコツとデータを集めていきますかね☆

ETCちょいと修正。

7勝3敗。





プロ野球の世界で言うと、いい成績ですね☆





何の成績かっちゅうと、
ETCゲート通過率。





スポスタにETCを引っ越してから、10回ゲート通りましたが、
3回引っかかりました(6 ̄  ̄)ポリポリ



そのうち1回はバッテリープラス端子が緩んでた時で、
もう一回はETCのアース端子が緩んでた時だったので
その辺りが影響したのかなーと思ってたんですが、
先日、全くトラブルない状態でも引っかかりました(-_-)



ETCのインジケータランプはグリーンなので、
原因としてはとりあえず、

ETCアンテナ位置
このアンテナ位置が悪いんかなぁ。
でも10回中7回は正常に通過できてるんで、
全然ダメというわけではないと思うんですよね。



ま、メーターが上にかぶってたり、アンテナが後ろむいてたりと
ネガティブ要素はあるのでとりあえずアンテナ位置を変更しました。



変更後。
ETC改
ちと分かりにくいですが、アンテナを前向きにしました。
位置はほとんど変わってないんで、
メーターがかぶっているのは相変わらずですが。。



さて、今度はちゃんと開いてくれますかね(ΦωΦ)
プロフィール

乙

Author:乙
ヘビ年。
生肉好き。

いらっさいませ
カテゴリ
記事
コメ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旅の寝床
つかみっぱなしになったら     右クリックで解消☆

より大きな地図で キャンプ場 を表示
Run&Ride
要チェック
検索フォーム