FC2ブログ

久々に試験を受けました。

「安全保障輸出管理実務能力認定試験」とかいうやつです。
わざわざ新幹線に乗って、名古屋に実質20分少々のテストを受けに行ってきました。
ランクは二つあって、下のほうの「SCT Associate」という方です。

ここ数年、試験といえばTOEICくらいしか受けてなかったので、
合格、不合格がはっきり出る一般の試験は、整備士免許以来かも。

合格発表は来週ですが、今日公開された回答を見て自己採点すると
まぁ多分大丈夫な点がとれてそう。

ちなみに、上のランクの「Expert」になると、
一気に難しくなり、合格するには数百時間の勉強がいるとか
それでも合格率は10%台とか。
ちらっと過去問題見ましたが、まったく分からんでした(´・ω・`)
取る気ないからいいですけどね。

若干、会社からのプレッシャーが多めの試験だったのでとりあえず一安心です☆

手抜きはしないほうが良いですね。

今週は、ちょっと膝の養生をしたいので自転車はお休み。
また久々にBuellを引っ張り出しました。

んで、天気もいいし茶臼山あたりまで行こうかなーっと
ぼへーっと走ってて、何気なくグリップヒーターのスイッチを押してみたところ、
電源が入らない(・・。)
長押ししても入らない。
連打しても入らない。

今日はそんなに寒くないのでいいんだけど、
次回乗るときはきっと必要だろうから、茶臼山はやめて帰宅。修理することに。

んで、もそもそとフロント周りを探ってたのですが、
最終的に、アース不良が原因でした。

なんでそんなことになったかっちゅうと、
ぱっちん
最近、電工を手抜きして写真に写っているような「ぱっちん」を
ついつい多用してしまうのですが、アースを取ってたぱっちんのところで
接触不良となっていました。。。

と、いうことで、ぱっちん外して、被服むいてちゃんとカシメをいれました。

ぱっちんも全然ダメということは無いんでしょうけど、
Buellのような振動の多いバイクや場所に使うのは避けた方が良いということですかね。

アワアタック その2。

夏の終わりに屈辱すら感じないほど早々にDNFかました粟ヶ岳ヒルクライムですが、
本日第2回目のアタックをしてきました。

ちなみに、今日は粟ヶ岳にたいがい登りまくってるけびん氏と一緒にクライムです。

いつものように(2回目だが)道の駅でチャリおろして、
そこから粟ヶ岳に向かいます。

今日の目標は、あまりタイムは気にせずまずは足付きなしで登りきりましょ。です。

麓の茶屋でしばし休憩の後、いざアタック開始...((((=・o・)ノ
あまり息が切れないよう、早々に34-27の軟弱ギヤにセットし、
11~12km/hをできるだけ維持して登ります。

途中はなかなかしんどいですが、それでも夏の時のようなことは無く、
呼吸も一定のペースに保てて進みます。
このあたりはやっぱタバコ吸ってない効果が大きそう。

残り1km地点あたりからはぼちぼち疲れて、時々一桁速度に落ちましたが、
最後の急坂も何とかしのいでゴ--------ル☆
本日、粟ヶ岳初登頂いたしました(*'ー'*)♪


とりあえず目標の足付きなしで登りきりは達成v(・_・)
タイムは23分35秒と、25分は切れたので良しとします☆
粟ヶ岳てっぺん

頂上の茶屋で初登頂の記帳をし、アイス食ってまったりした後は
けびん氏オススメのJA激坂コースへ。
ぐわーーーっと下ってだーーーーっと登る、
非常にギヤの選択とシフトタイミングが難しく、
失敗すると斜度15%は越えてそうな激坂に飲み込まれますが、
ハイ、失敗してあっさり飲み込まれました( -_-)フッ

ま、どれくらいキツイ坂かっちゅうと、
私の足では34×27で7km/h出せませんです。
全然登らんもんで、なんかのはずみで
ブレーキ引きずっちゃってるのかって思いましたよ。マジで。

とはいえ距離はないのでえっちらおっちら登り、
その後は茶畑の中を快走出来ますので、気持ちのいいコースですね。

最後の方が右ひざが痛み出したので大分ペースを落として帰着です。
左ひざはかなり良くなったんだけど、今度は右ひざがきてます。
うーん、いつになったら痛み無く走れるようになるかなぁ。。。


今日のアワタイム:23分35秒
距離:41km
AVE:20.6km/h

うーん。

土曜の朝、ようつべをウロウロしてて、、



コッチよりも



コッチのほうがやっぱしっくり来るのは、「世代」というものなのでしょうかw



でも、今日鳥肌立ったのは、

コレと


コレ。



世代ちゃうねんけどねwww

ペダル交換。

自転車走行において、膝に不安のある自分にとっては、
「膝に優しい」というキーワードにはがっつり食いついてしまうのですが、
今回、そんなキーワードに釣られて買ってしまいました。


スピードプレイ
若干、人を小バカにした形に感じるのは私だけでしょうか?
恐らく、一般の人にコレ見せても自転車用ペダルとは連想しないであろう
変な形をしていますが、Speedplayというメーカーのペダルです。
コレが巷では膝に優しく、グランツールのプロチームでも故障が減ると評判のようです。

なぜかっちゅうと、細かい話はメンドクサイので割愛!
ざっくりいうと、自由度が高いので負担がかかりにくいのと、
細かい位置調整がしやすいかららしいです。

ペダルに足を固定したいのに自由度を求めるって、
なんだか相反してる気もしますが、まぁ固定しつつも動きつつ・・・ということで。


で、装着。
ペダル装着
うぎゃ、カッコ悪!
やっぱなんか人を小バカにしてる気がするw

ちなみに、シューズ側は、
SPクリート
ごつい。
このペダルの大きな特徴として、シューズ側にビンディング機能が備わってます。
地面との接地面が金属なので滑って怖いですし、ガチャガチャうるさいです。

なので、
SPクリートカバー
クリートカバーも買いました。
これで安心して歩けます。

でも持ち歩きも取り外しもめんどくさいので、
加工
穴あけ加工しました☆
自作されている先人達を参考にしました。
これで付けっぱなしで走れるし、歩けるしで楽チンになりました。

ちなみに、評判どおりゴムが硬く、加工には手に数箇所マメ作りつつ苦労しましたが、
実はコチラで穴あき品が売られてます(-_-)


で、装着して走行しましたが、
まずこれもWebで評判のとおり、最初はぜんっぜんクリートがはまりません。
馴染むまではまりにくいと聞いてたので、実走前に停止状態ではめはずししたのですが、
これから装着の皆様、覚悟しておいたほうがよいとおもいます。
はまらんです、マジはまらんです。
BBベアリングに悪影響及ぼすんちゃうんかなってくらい、
フンガーっと体重かけると、数回に一回、何とかはまります。
何回か繰り返すと徐々に馴染んできますが、
それでも信号スタートから100m以上、フンガフンガと
ペダルを踏みつけることしばしばでした。。

さて実際走っての感想ですが、ねじれ方向の自由度が大きく
動きもスムーズなので確かに楽ですね。
ペダリングのしやすさは回しやすくなってるような気のせいのような。。
ただ今回、別件で膝が痛くなったためちょっと距離走れずでした。

もうちょっと距離のって様子を見てみたいと思います。
プロフィール

乙

Author:乙
ヘビ年。
生肉好き。

いらっさいませ
カテゴリ
記事
コメ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
旅の寝床
つかみっぱなしになったら     右クリックで解消☆

より大きな地図で キャンプ場 を表示
Run&Ride
要チェック
検索フォーム